生命の賛歌

  • 2016.07.21 Thursday
  • 05:40

今年も この季節が来た。

7月末、一年で一番 熱く(暑く) また 輝かしくも 賑やかな時である。

 

蝉の声が 一番大きいのも やはりこの時期だ。

ちなみに 屋久島の場合、5月末の ヒメハルゼミに始まり、11月初旬までの クロイワツクツクで終わる。

 

 

誰かが、蝉の声はうるさいね… と言ったが、僕は この蝉の声が 大好きだ。

長く暮らす土中から まばゆい世界にやっと這い出て、それからほんの短い命をまっとうすべく 謳歌するのだ。

それが、せつなくも激しい 讃美歌のように聞こえてならない…

 

 

 

この世の 儚さと、 でも生きる意味 を暗示しているが如しではないか…

コメント
閑さや岩にしみ入る蝉の声 ですか?
でもちょっとうるさすぎて、閑なんて思えません。
煩さや岩も砕ける蝉の声 なんちゃって。
つい最近屋久島に越して来ました。まだ慣れていないせいかもしれませんが。
  • うりこ
  • 2016/07/23 12:33 PM
うりこさん、コメントありがとうございます。
蝉の声が 閑ではありませんね。
命 燃ゆるがごとくの大合唱に、こう感じるのですよ。

僕は、屋久島に住んで14年目になります。
今の時期は、あちこちで夏のイベントが毎週のようにあり楽しいですね。以外に小さい祭りほどローカルで面白かったりするのでぜひ足を運んでみて下さい(笑)

お互い、屋久島lifeを味わい エンジョイしましょう!
  • ありマサ
  • 2016/07/24 5:32 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM